全国のセブンイレブンでスマホでのコード決済が行えるようになりました。(対応している店舗によります)

ここでは、セブンイレブンで可能なスマホ決済(QR/バーコード)を含め、支払い方法を紹介します。

セブンイレブンで可能な支払い方法

2019年8月1日現在、セブンイレブンの支払いは以下の方法で行えます。

セブンイレブンの支払い方法
  • 現金
  • クレジットカード
  • デビットカード(VISA、JCB)
  • 電子マネー
  • スマホ決済
  • クオカード
  • プリペイドカード(一部)

セブンイレブンのスマホ決済(キャッシュレス決済)は、Apple Pay(QUICPay)とメルペイ(iD)のみでしたが、スマホのバーコードでの支払いが可能になりました。

セブンイレブンで可能なスマホ決済

paypay、LINE pay、メルペイ中国のアリペイやWeChat Payなど、スマホでのバーコード決済が可能になりました。

  • Apple Pay(QUICPay)
  • paypay
  • LINE pay
  • メルペイ
  • アリペイ(Alipay)
  • WeChat Pay(微信支付)

メルペイもバーコード決済可能になりました。

 

クレジットカードの支払い

セブンイレブンはクレジットカードの国際ブランドを対応しています。

さらに、アメリカで有名なDISCOVERや中国の銀聯カードも対応しています。

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express
  • Diners Club
  • DISCOVER
  • 銀聯

デビットカードでの支払い

セブンイレブンではデビットカードで支払いが可能です。
VISA、JCBが対応です。J-Debitは利用できません

カード支払いの注意点

セブンイレブンでの支払い回数は1回のみです

セブンイレブンではレジ前の機器に自分でカードを読み込ませて支払う店舗があります。
ICカード以外は手前の端末は非対応なので、ICカードでない場合は店員にカードを渡し、レジ側で決済処理をしてもらいましょう。

クレジットカードでの支払いの場合、足りない場合などで他の支払い、現金や電子マネー、クレジットカードの併用では行えません。

その他、セブンイレブンで、nanacoカード発行手数料、電子マネーのチャージ、公共料金や切手、印紙、ハガキ(年賀状)などはクレジットカードで支払いする事はできません。(※2019年8月1日現在)

電子マネーでの支払い

セブンイレブンはnanacoはもちろん、多くの電子マネーで支払い可能です。

  • nanaco
  • 楽天Edy
  • AU walletカード
  • Suica(スイカ)
  • PASMO(パスモ)
  • Kitaca(キタカ)
  • manaca(マナカ)
  • TOICA(トイカ)
  • ICOCA(イコカ)
  • SUGOCA(スゴカ)
  • nimoca(ニモカ)
  • はやかけん
  • QUICPay/QUICPay+(クイックペイ、クイックペイプラス)
  • iD

 

注意点

AU walletカードはセブンイレブンでチャージできません。その他、チャージ可能な電子マネーでも現金のみでチャージが可能です。

その他、セブンイレブンで、nanacoカード発行手数料、電子マネーのチャージ、公共料金や切手、印紙、ハガキ(年賀状)などは電子マネーで支払いする事はできません。(※2019年7月1日現在)

クオ・カードでの支払い

セブンイレブンではクオ・カードで支払い可能です。店内でも販売されています。

クオ・カードは電子マネー同様、nanacoカード発行手数料や電子マネーのチャージ、公共料金や切手、印紙、ハガキの支払いで使う事はできません。

nanacoポイントが7月1日以降還元率が下がった

セブンイレブンやイトーヨーカドーなどセブン&アイグループで使える電子マネーnanaco(ナナコ)。

最近ではドラッグストアやユニクロなどでもnanacoが使えるようになり、ますます便利になったと思いましたが、7月1日以降セブン&アイグループでの還元率が下がりました。

6月まではセブン&アイグループで100円支払うと1ポイント還元されましたが、7月1日から200円で1ポイントの還元となります。
非常に残念です。

スマホ決済のキャンペーンに期待

今後、LINE  Payやpaypayなどで行われている還元キャンペーンでセブンイレブンが対象になる可能性がありますよ。

※セブンイレブンアプリ「7pay」は不具合があり、提供が中止となりました。