定期はネット銀行の定期預金キャンペーンがお得!2020年10月の金利がいいネット銀行のキャンペーンを比較紹介

ネット銀行の定期預金キャンペーンのメリットとは

通帳と定期預金

街にある銀行で定期を契約してお金を預けても利息が全然つきません。

例えば、普通預金の金利です。金利は0.001%のところがほとんどです。
100万円をそのまま1年預けても税金で引かれると利息は10円にもなりません

それなら銀行の定期預金で預けたいところですが、街にある銀行に定期で預金を預けた場合も同じです。
ほとんどの銀行の定期預金の金利は0.01%です。

定期預金で金利0.01%の場合、例えば100万円を1年定期で預けて1年後の利息は100円です。
そこから税金で引かれて…1年の利息は79円程度です。

しかし、銀行は定期預金で高金利、金利が高くなるキャンペーンを行う場合があります。
その銀行の中でも、ネット銀行、インターネットバンキングは高金利で長い期間の定期預金キャンペーンを行う事があるのです。

「ネット銀行の定期預金キャンペーン」を利用すれば、街にある銀行の定期の金利より10倍以上の高金利となるものがあります!

ここでは、定期預金を検討している方向けにネット銀行が行っている金利がいい定期キャンペーンを紹介します。

ネット銀行で行っている定期預金キャンペーン

2020年10月に定期預金の金利がお得なキャンペーンを行っている銀行を紹介します

銀行金利(税引き前)備考
新生銀行3年0.15%(ネット限定)
5年0.3%(ネット限定)
パワーダイレクト円定期預金3年もの
預金額30万円~
オリックス銀行1年0.12%
3年0.25%
5年0.28%
 eダイレクト定期預金
預金額100万円~
あおぞら銀行2年0.05% あおぞらポケット定期
ソニー銀行1年0.02%
楽天銀行1年0.02%~※キャンペーン以外でもマネーブリッジで金利が年0.1%に
au じぶん銀行1年0.05%
GMOあおぞらネット銀行1年0.03%
住信SBIネット銀行1年0.02%
ジャパンネット銀行1年0.02%
ゆうちょ銀行1年0.002%

表の金利は20.315%の税金がかかります。
内容は10月1日現在のものです。ご契約の際は必ず銀行の公式ホームページの内容をご確認ください。

新生銀行

新生銀行の定期キャンペーンは年0.15%~の金利キャンペーンを行っています。
期間は3年、1口30万円~です。

新生銀行の定期満期時の現金引き出しですが、コンビニやゆうちょのATMで引き落とし可能ですが、100円(税別)の手数料がかかります。

新生銀行はこちら

オリックス銀行

オリックス銀行の定期預金キャンペーンの金利は1年もので0.12%~のキャンペーンを行っています。

オリックス銀行はこちら

paypayやヤフーサービスと相性が良いジャパンネット銀行

ジャパンネット銀行は定期金利キャンペーンはあまり行われませんが、ソフトバンクグループやヤフーグループのサービスと相性が良い銀行です。ヤフオクやスマホ決済・通販でpaypayを頻繁に使用する場合はオススメです。

証券口座開設+ネット銀行連携でキャンペーンなみに金利がアップする!

ネット銀行の預金は証券会社の口座と連携する事で金利がアップするサービスがあります。

例えば、楽天銀行です。楽天銀行は「楽天証券」の口座と連携する機能、マネーブリッジを利用すると年0.1%(税引後1年0.079%)の金利となります。

楽天銀行をメインで利用している場合や楽天銀行を開設しようとしている方は楽天証券を開設してマネーブリッジ連携するだけでキャンペーン無しで金利が上がるのでお得です。

楽天証券口座に入金する必要もないので楽天銀行を利用している場合は楽天証券の開設も検討してみてはいかがでしょうか?

楽天証券はこちらから

 

もう1つGMOあおぞら銀行も証券専用口座で金利がアップします。

GMOあおぞら銀行の定期はキャンペーン以外だと年0.03%と低いですが、証券専用の口座「証券コネクト口座」を利用すれば、円普通預金の金利が0.001%→0.11%(税引後1年0.0876%)とこちらもお得になるのです。

GMOクリック証券にも口座開設する必要ありますが、株をやらなくても、証券コネクト口座に預金しておくだけで金利が大幅にアップするのでオススメです。

ネット銀行の預金は定期も含め分散するのがおすすめ

定期預金ではあまり資産が増やせませんが、0.001%や0.01%の銀行に預けているよりは良いです。

銀行の定期の金利で元本割れを起こさず、少しでもお得にしたいという方にはオススメです。

株の取引に比べれば金額は少ないかもしれませんが、0.001%の金利でただ預けているよりはお金を少し有効にする事ができます

ネット銀行は大手の銀行同様、経営がうまくいかず破綻した場合、最大1000万円までの預金が守られます。(利息を含む)
今後、万が一の事もあるので1つの銀行に全て預けるのではなく定期預金も分散して預けた方が良いでしょう。

定期預金は街にある銀行、ネット銀行に関わらず、元本保証で高金利なら定期預金キャンペーンを利用するのがお得です。

定期預金をするなら、ネット銀行を検討してみてはいかがでしょうか。

本ページの内容は、2020年8月1日ごろの各銀行のキャンペーン内容を参考にしております。
変更となる場合がありますが、ご了承ください。