日本でも注目されているグルテンフリーのメリットとデメリットなどを紹介

最近、日本でも注目されている健康の取り組みに「グルテンフリ―」というものがあります。。

ここでは、そんな小麦とグルテンフリーについて紹介します。

グルテンとグルテンフリー

「グルテンフリー」という言葉を初めて聞く方もいるかもしれません。
身近な人でも、小麦を制限して免疫系の病気や偏頭痛、アトピーの症状が少しよくなったという声もあります。

全ての人が小麦の影響を受けるかといったらそうではありません。
しかし、小麦やグルテンに影響を受けている人はいるのです。

まず、グルテンフリーがどういうものかというと簡単に直訳すれば「グルテンなし、グルテンが入っていないもの」となります。

これだけではよくわからないですよね

グルテンとは

グルテンをざっくり簡単に言うと、グルテンは小麦に含まれているたんぱく質の事をいいます。

ラーメンでもパスタでも、うどんでもグルテンが含まれています。

グルテンフリーとは

グルテンフリーとは、小麦のたんぱく質、グルテンを取らない食事の事やグルテンが含まれていない食べ物の事をいいます。

食事でグルテンを制限するグルテンフリーは炭水化物を抑制する糖質ダイエットとは根本的に違います。

グルテンを体質的に受け付けない病気がある

グルテンフリーとは、グルテンを体質的に受け付けない「セリアック病」という病気の対策として考えられた治療法です。グルテンフリー、グルテンの食事制限は病気に良い効果、関係性があると言われてきました。

「グルテンフリー」が注目されているのは海外の有名スポーツ選手やモデルが実践したからです。

特にグルテンフリーを有名にしたのが、テニスプレイヤーのジョコビッチ選手です。

ジョコビッチ選手は小麦、グルテンを制限した結果、体質改善に効果があらわれ、身体の疲れがとれやすくなったり、体力が持続するようになったと本やメディアで伝えています。セリアック病であったことも告白しています。

日本人はセリアック病になりにくい病気と言われています。

グルテンフリー、グルテンを制限するメリットとは

単なるダイエット法ではなくグルテンを制限する健康的な食事法にもメリットとデメリットが存在します。

まず、グルテンを制限するメリットを紹介します。

アレルギーが改善する可能性

まず、グルテンフリーのメリットとしてあげられるのが、

グルテンフリーはアレルギーが起こりにくくなる

と言われている事です。

小麦アレルギーによく似た「セリアック病」の治療法だった「グルテンフリー」は、アレルギーの発生をおさえることができて当然でしょう。

また、小麦、グルテンはリーキーガット症候群という腸の症状を起こすという医学論文があるのです。

免疫系の病気、アトピーなどの持病がある場合は、小麦の摂取量を減らしてみて、体調に変化があるか試してみても良いかと思います。

小麦を食べると体調が悪くなる人、また腸の癒着がある方にも、グルテンフリーは試してみても良い食事制限かもしれません。

グルテンフリーは血糖値が上がりにくくなる

次にグルテンフリーは血糖値が上がりにくくなるとも言われています。

血糖値の上昇改善に「糖質制限」や「糖質カット」がありますが、グルテン、小麦は炭水化物です。身体で吸収されると糖質になります。

グルテン、小麦を制限すれば血糖値があがりにくくなり、太りにくい体になりやすいというわけです。

炭水化物の制限は危険と言われたりしますので、身体が太りやすくなってきた場合は、まずはグルテンフリーで小麦を制限し、米を主食にする事から始めても良いかもしれません。

食欲が減少する

3つ目は食欲促進物質の摂取が減少すると言われている事です。

グルテンは食欲の促進を促す働きがあると言われています。グルテンを取らなくなると食欲が促進する要素がなくなるというわけです。ダイエットしている人は小麦を取らなくするだけでもはじめても良いでしょう。

しかし、パンやパスタなど、小麦が好きな人は、最初はきついでしょう。

体質改善を目的なら、初めは夕飯だけ小麦を取らないようにするなど、無理をしない形で行ってみるのが良いでしょう。

グルテンフリー、小麦制限のデメリット

ミネラル不足になる危険性

グルテンフリーにもデメリットがあります。グルテンフリー、小麦を制限すると栄養が偏ってしまう危険性があります。

パンやうどんなどの主成分、小麦や大麦はビタミンやミネラルが豊富です。

「グルテンフリー」を実践するとミネラル不足になってしまう可能性があると警告する医師もいます。

グルテンフリーを実践する場合は、ミネラル不足とならないよう、別の食材やサプリメントでビタミンやミネラルを補いましょう。

特に妊婦や成長期の子供は小麦を制限、グルテンフリーには注意が必要です。

成長期に「グルテンフリー」は必要な栄養素である食物繊維などが足りなくなる可能性が高いので心臓や血管の病気になりやすいといわれているようです。

そして、もう1つ、グルテンフリーのデメリットがあります。

小麦が入っていない食材を探すのが難しい

グルテンフリーの次のデメリットですが、日本では小麦が入っていない食材が少ない、食物を探すのが難しいという事です。

小麦は様々な食物に入っています。

コンビニに行けば、色々な食べ物がありますよね。

弁当、パン、麺類など。

それらの食べ物の成分表示を見てください。ほとんどに小麦が含まれています。その他、調味料やカレールーにも小麦が含まれています。

こんな食品・調味料にも小麦、グルテンが入っている

グルテンフリーを始める前に、どんな商品に小麦グルテンが入っているか確認する必要があります。

食材に小麦が含まれている代表的なケースを紹介します。

まず、小麦に関係する製品、ホットケーキにピザ、肉まん、そして、うどんやラーメン、パスタの麺類、パンはグルテンが含まれています。
麺類や粉ものは小麦と思って良いでしょう。

女子が外で食べる昼のランチには、小麦が入っていないものを見つけるのが大変です。

味噌や醤油、ソースにも小麦が含まれている

知らない人も多いのですが、、その麺につけるソースやたれの元になる醤油や味噌にも小麦が使れています。

また、シリアル類はグルテンを含む小麦や大麦がふんだんに使っているので要注意です。

お酒も種類によっては小麦が入っているものもあるので成分表示を確認しましょう。

カレールーや蕎麦

さらに意外なものではカレールーにもグルテンが含まれています。

そばも10割そば以外の蕎麦は小麦粉を使用しています。

グルテンフリー商品は少しずつ増えてきている

実際、調味料や添加物にはグルテンが含まれている「隠れグルテン食品」が少なくありません。

しかし、最近では「グルテンフリー」食品をネットで購入することが可能です。

ネットだけでなくスーパーやコンビニなどでも「グルテンフリー」食品を販売しているところが増えています。

いきなり、食生活を「グルテンフリー」に移行するのではなく、手近な食材から見直していくのもいいかもしれません。

最後に

ヨーロッパでセリアック病の治療法で注目されたグルテンフリーですが、ダイエット効果は科学的には照明されていません。

ちなみに小麦文化の盛んな欧米から「グルテンフリー」は伝わってきました。セリアック病は遺伝的な要因が大きいいようで、米国の患者数が多いからです。

昔は日本人は米が主食でした。うどんは別として小麦を主食としてきたわけではありませんが、最近ではご飯よりパンを主食にする人も多いのでパンやパスタなど、急に食べるの止めるのは大変でしょう。

少しづづですが、日本でも「グルテンフリー」のメニューや食品が増えています。小麦を使わない大豆などを使った「グルテンフリー」食品も販売されはじめています。

日本人でも「グルテンフリー」を実践したおかげで体の調子がよくなったり、体重が減った人も大勢います。

ただ、グルテンを含んだ食品は意外と多く、長くつづけられないかもしれません。

ビタミンやミネラルを別の食材で補いましょう。