Wimaxを検討している方向けの記事です。

Wimaxは光回線よりも月額費用も安く、工事もないため賃貸住宅などのWIFI環境での利用にもオススメです。
しかし、電波が悪かったりするエリアもあるので注意が必要なのです。

Wimaxを契約する前に「TryWimax」で機器をレンタルしよう

Wimaxを契約する前に実際に使えるかどうか無料機器貸し出しサービスの「TryWimax」でWimax機器が使えるどうか確認しましょう。
そのTryWimaxで住んでいる環境でWimaxが使えるかどうか確認したのならで契約するプロバイダを選びます。

本家のUQWIMAXを含め乗り換えキャンペーンを行っていますが、改めていろいろ確認しましたが調べれば調べるほど光回線と同じでわかりにくいんです。

契約費用は月々の料金が安い場合はもちろんお得ですが、キャッシュバックの金額が大きければ、それよりもお得になります。
総額の費用を確認しましょう。

月額費用換算した結果、2019年で一番お得なのは「GMOとくとくBB」のWimaxです。

3年契約の場合は25カ月以降の費用も確認する

光回線のプロバイダでもそうですが、Wimaxも契約年数で2年を超える3年目から料金が高くなる場合があります。
3年目以降の料金を各会社で確認しておきましょう。

2年契約もおすすめですが、2年契約で良いプランや機器を取り扱っているプロバイダはありません。

WiMAXの解約は更新月に行う

Wimaxは携帯や光回線同様、解約時は金額が高くなるので注意が必要です。
契約時に更新月、解約月がいつになるかを確認しておきましょう。

WIMAXで有線接続する場合はクレードルが必要

Wimaxは有線でインターネットに接続する場合はクレードルが必要です。
クレードルにHUB機器を接続すれば普通に複数台のPCでインターネットできます。

クレードルはパソコンを有線で接続する必要がなければ購入する必要はありませんので必要のない方はクレードルを申し込まないようにしましょう。

他のキャンペーンと比較した結果、Wimaxで一番お得と思えたのが「GMOとくとくBB」のキャンペーンでした。

WiMAXGMOとくとくBBキャッシュバックキャンペーンはこちらから

ただしGMOとくとくBBはキャッシュバックで注意点があるので事前に確認しておきましょう。

GMOとくとくBB WiMAX2+キャッシュバックで契約する前に確認しておきたい注意点(2019年版)